TOKYO niki kai OPERA FOUNDATION NEW STYLE OPERA MAGAZINE

ENGLISH

オペラを楽しむ

オペラ公演ラインアップ

コンヴィチュニーの影のない女

令和3年度文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会

2022都民芸術フェスティバル 参加公演

《二期会創立70周年記念公演》

ボン歌劇場との共同制作公演

東京二期会オペラ劇場
主催:公益財団法人東京二期会
公益社団法人日本演奏連盟

影のない女〈新制作〉

オペラ全3幕
日本語字幕付き原語(ドイツ語)上演
台本:フーゴー・フォン・ホフマンスタール
作曲:リヒャルト・シュトラウス

会場: 東京文化会館 大ホール
公演日:
2022年 2月   9日(水) 18:00
11日(金・祝) 14:00
12日(土) 14:00
13日(日) 13:00
 

開場は開演の60分前

   
協賛: 上野トランステック株式会社 ソニーフィナンシャルグループ みずほ証券
後援:

ドイツ連邦共和国大使館

ドイツ大使館
アルゼンチン共和国大使館 アルゼンチン共和国大使館
日本リヒャルト・シュトラウス協会
シーズン特別協賛企業
興和株式会社 ダイドー株式会社 三井不動産株式会社

《関連公演情報》

高田正人の『魔笛』と『影のない女』!
~正人も知らないファンタジー・オペラの世界~

モーツァルトのオペラ『魔笛』は、皆様も良くご存知の名曲ですが、来年2月にお贈りするR. シュトラウスが作曲したオペラ『影のない女』が、この『魔笛』を意識して書かれたことはご存知でしょうか。この2作品の共通点は、この世ならぬ舞台を背景にしたファンタジーの世界であること。美しい音楽の奥に裏の意味が込められた、この2つのオペラを中心に、テノール高田正人が、楽しく、そしてためになるレクチャーコンサートを皆さんにお届けします。
共演は、『影のない女』に出演の冨平安希子と清水勇磨。
めくるめくファンタジー・オペラの世界に皆様をご案内致します!

日時:2021年9月28日(火) 19:00開演
会場:めぐろパーシモンホール 小ホール(東急東横線「都立大学駅」より徒歩7分)
料金:全自由席 一般¥2,500、学生¥1,000
出演:高田正人(講師/テノール)、冨平安希子(ソプラノ)、清水勇磨(バリトン)、木下志寿子(ピアノ)
ご予約・お問合せ:二期会チケットセンター 03-3796-1831

▼公演詳細ページはこちら
高田正人の『魔笛』と『影のない女』!~正人も知らないファンタジー・オペラの世界~

《ものがたり》

東南の島々に棲む皇帝は、影を持たぬ霊界の王カイコバートの娘と恋に落ち、皇后とした。皇帝は3日間、狩りに出かけると宮殿を発つ。皇后のもとへ一羽の鷹が舞い降り、「影を宿さぬ皇后のため/皇帝は石と化すさだめ」と告げる。期限まであと3日。乳母は、人間をだまして影を買い取ることができると皇后に教え、二人は人間の世界へと降りていく。染物屋バラクとその妻も子供に恵まれていない。乳母は、自分たちが3日間召使として仕え、妻の影を買い取る契約を交わすが、妻の耳には生まれざる子供たちの恨みの声が聞こえ、夫を拒否してひとり眠りにつく。
妻は若い男との不貞をでっち上げ、乳母と皇后の二人に影を売り払い、母親になることを諦めたと告げる。温厚なバラクも激怒し、妻を殺すと宣言すると、天から裁きの刀が降り、地が裂け、バラクと妻を飲み込み、家は崩れ去る。
染物屋夫妻を救うため、裁きの場へ出ることを決意する皇后。そこに石となった皇帝の姿が浮かぶ。湧き出る「生命の水」を飲めば、影を得られるという試練に、「飲まぬ」と宣言する皇后。すると皇后の体に影が宿り、皇帝はもとの姿へ。染物屋夫婦は互いの無事を喜び合う。

ページトップ

スタッフ

指揮: アレホ・ペレス
演出: ペーター・コンヴィチュニー
   
舞台美術: ヨハネス・ライアカー
照明: グイド・ペツォルト
ドラマトゥルク: ベッティーナ・バルツ
   
合唱指揮: 大島義彰
   
演出助手: 太田麻衣子
森川太郎
   
舞台監督: 幸泉浩司
公演監督: 佐々木典子
公演監督補: 牧川修一

アレホ・ペレス

ペーター・
コンヴィチュニー


キャスト

配役 2月9日(水)/12日(土) 2月11日(金・祝)/13日(日)
皇帝
又吉秀樹
菅野 敦
皇后
冨平安希子
渡邊仁美
乳母
藤井麻美
橋爪ゆか
伝令使
友清 崇(全日)
髙田智士(全日)
若い男の声
高柳 圭
下村将太
鷹の声
宮地江奈
種谷典子
バラク
大沼 徹
清水勇磨
バラクの妻
板波利加
田崎尚美
バラクの兄弟
高野二郎
児玉和弘
岩田健志
的場正剛
河野鉄平
金子慧一
合唱: 二期会合唱団
管弦楽: 新日本フィルハーモニー交響楽団

やむを得ない事情により出演者が変更となる場合がございます。

ページトップ

チケット情報

●お座席について

本公演での会場お座席は新型コロナウイルス感染予防策のため、歌唱を伴うステージとお客様との十分な距離を確保するため、1階席1・2列目は販売致しません。それにより最前列が3列目となりますが、それ以降のお座席につきましては前後左右の間隔を空けない配席となります。(今後の感染状況や感染対策ガイドラインの変化によっては、変更となる場合がございます。)

●入場料金(税込)

◆[2月9日(水)公演] プレミエ・スペシャル料金
  S席 A席 B席 C席 D席 E席 学生席
一般 ¥17,000- ¥14,000- ¥11,000- ¥8,000- ¥6,000- ¥2,000- ¥2,000-
愛好会会員 ¥16,000- ¥13,000- ¥10,000-
◆[2月11日(金・祝)・12日(土)・13日(日)公演]
  S席 A席 B席 C席 D席 E席 学生席
一般 ¥18,000- ¥15,000- ¥12,000- ¥8,000- ¥6,000- ¥2,000- ¥2,000-
愛好会会員 ¥17,000- ¥14,000- ¥11,000-
  • ※チケットお申込みと同時に愛好会へもご入会いただけます。
  • ※チケット購入後のお取消、日程の変更はできません。
  • ※二期会オペラ愛好会の特典は二期会チケットセンターでチケットをご購入された場合に限り適用されます。
  • ※E席は二期会チケットセンターではお取扱いいたしません。チケットスペース(TEL 03-3234-9999)他、前売りプレイガイドにてお求め下さい。
  • ※車椅子席(¥2,000-)がございます。介助席は車椅子席1席につき1席まで同額でお求めいただけます。
    お席数に限りがございますので、お早目にご予約ください。
  • ※学生席は28歳未満の学生の方を対象といたします。
  • ※車椅子席、学生席のご予約は二期会チケットセンターのみのお取扱いです。(車椅子席は電話のみ)
  • ※未就学児の入場はお断りします。

●発売日

愛好会先行発売:2021年9月18日(土)〜
一般発売:2021年10月2日(土)〜

●ご予約・お問合せ

チケットスペース       03-3234-9999
二期会チケットセンター     03-3796-1831 (FAX 03-3796-4710)
電話受付時間:平日10:00~18:00/土曜10:00~15:00/日・祝休業
銀行振込:三井住友銀行中央支店普通口座7768000
郵便振替:00140-9-83598
クレジットカード取扱:JCB/VISA/MASTER/AMEX/DINERS

インターネット予約はこちらから→チケット購入サイト ゲッティへGO!

座席表(PDFファイル)

●チケットお取扱い

イープラス (パソコン&携帯)
チケットぴあ

[Pコード203-430]

ローソンチケット [Lコード35625]
東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650 (10:00~18:00)
新日本フィル チケットボックス 03-5610-3815
(平日10:00~18:00、土曜10:00~15:00、日祝休)

※イープラス、チケットぴあ、ローソンチケットではインターネット販売のみとなります。
(電話・店頭端末での販売なし)

※当初掲載のプレイガイドにおける販売方法のご案内に誤りがございました。訂正の上、お詫びいたします。

ページトップ