TOKYO niki kai OPERA FOUNDATION NEW STYLE OPERA MAGAZINE

ENGLISH

公益財団法人東京二期会について

沿革
       
1952 (S27)   『二期会』創立 浜松町に事務所を置く
1953 (S28)   二期会合唱団結成
1954 (S29)   芝桜川町(虎の門1丁目)俳優座舞台製作所に移転
1955 (S30)   研究生制度(現二期会オペラ研修所)発足
1957 (S32)   芝西久保広町(愛宕2丁目)に移転
1961 (S36)   代々木に二期会会館建設・移転
1962 (S37)   10周年を機に会則を制定し、民法上の社団法人に準じた組織機構に変更
1968 (S43)   二期会初の海外オペラ公演(米国ロサンゼルス・清水脩作曲「聟選び」)
1977 (S52)   『財団法人二期会オペラ振興会』を設立し、オペラ制作部門を分離独立
1980 (S55)   『財団法人二期会オペラ振興会』は大蔵省(現財務省)より特定公益増進法人に認定
1991 (H3)   千駄ケ谷に新二期会会館建設・移転
1997 (H9)   新国立劇場開場にあわせ、二期会合唱団の有給雇用制を解消
2002 (H14)   『二期会』創立50周年、『財団法人二期会オペラ振興会』設立25周年を迎える
2005 (H17)   9月30日付で『二期会』解散
      10月1日付で『財団法人二期会オペラ振興会』を『財団法人東京二期会』へ登記変更
      『二期会』を『財団法人東京二期会』へ包含
      声楽会員二期会と二期会オペラ研修所を『財団法人東京二期会』へ移管
      マネジメント事業を『株式会社二期会21』へ移管
2010 (H22)   11月、内閣総理大臣より公益認定を受ける
同年12月1日付で『公益財団法人東京二期会』へ登記変更


日本初演(委託制作・共催を含む)
       
1953 (S28)   ヴェルディ「オテロ」
1954 (S29)   ブリテン「ルクリーシアの凌辱」(ラモー協会提携)
      モーツァルト「コシ・ファン・トゥッテ」(都民劇場提携)
      石桁眞禮生「河童譚」
      メノッティ「アマールと夜の訪問者」
1955 (S30)   スメタナ「売られた花嫁」(NHK交響楽団定期演奏会)
1956 (S31)   モーツァルト「バスティアンとバスティエンヌ」(研究生試演会)
      ブリテン「ピーター・グライムス」
      R.シュトラウス「ばらの騎士」(都民劇場提携)
1957 (S32)   清水脩「炭焼姫」(研究生卒業公演)
      清水脩「セロ弾きのゴーシュ」(研究生卒業公演)
1958 (S33)   ぺルゴレージ「奥様女中」(研究生卒業公演)
      モーツァルト「劇場支配人」(研究生卒業公演)
1959 (S34)   松本民之助「附子・花子」(研究生卒業公演)
      林光「瓜子姫とあまんじゃく」(研究生卒業公演)
      清水脩「青空を射つ男」(研究生卒業公演)
1961 (S36)   ドニゼッティ「ドン・パスクワーレ」(訳詞)
      チマローザ「秘密の結婚」(訳詞)(研究生卒業公演)
1962 (S37)   ブリテン「真夏の夜の夢」(訳詞)(都民劇場提携)
      ブリテン「アルバート・へリング」(訳詞)(研究生卒業公演)
1964 (S39)   ヒンデミット「ロング・クリスマス・ディナー」(訳詞)(日生劇場音楽シリーズ)
      ストラヴィンスキー「放蕩児一代記」(訳詞)(日生劇場音楽シリーズ)
1966 (S41)   モンテヴェルディ「ポッペアの戴冠」(日生劇場音楽シリーズ)
1967 (S42)   ヘンデル「ジュリアス・シーザー」(日生劇場特別演奏会)
      ワーグナー「パルジファル」
1968 (S43)   ロッシーニ「シンデレラ」(訳詞)
      清水脩「聟選び」(米国公演)
      石井歓「袈裟と盛遠」(文化庁芸術祭オペラ特別公演)
1969 (S44)   ワーグナー「ラインの黄金」
      宮原禎次「まぼろし五橋」(宮原禎次作曲生活50年を祝う会)
1970 (S45)   清水脩「大仏開眼」(文化庁芸術祭主催公演)
1971 (S46)   R.シュトラウス「ナクソス島のアリアドネ」(訳詞)
1972 (S47)   團伊玖磨「ひかりごけ」(大阪国際フェスティバル)
      高田三郎「蒼き狼」(文化庁芸術祭主催公演)
1973 (S48)   ショスタコーヴィチ「カテリーナ・イズマイロヴァ」(訳詞)
      戸田邦雄「伽羅物語」(文化庁芸術祭主催公演)
1974 (S49)   ヴェルディ「マクベス」(訳詞)
1975 (S50)   團伊玖磨「ちゃんちき」(芸術祭主催公演)
1981 (S56)   ヤナーチェク「カーチャ・カバノヴァ」
1983 (S58)   ワーグナー「ジークフリート」
1999 (H11)   原嘉壽子「罪と罰」(新国立劇場共催)
2002 (H14)   モンテヴェルディ「ポッペアの戴冠」(アラン・カーティス版)
2003 (H15)   ベルク「ルル」(全3幕版)(日生劇場共催)
2004 (H16)   R.シュトラウス「エジプトのヘレナ」
2007 (H19)   R.シュトラウス「ダフネ」
2009 (H21)   モンテヴェルディ「ウリッセの帰還」(ハンス・ウェルナー・ヘンツェ版)
2012 (H24)   A.ライマン「メデア」(日生劇場、読売日本交響楽団共催)
2013 (H25)   A.ライマン「リア」(日生劇場、読売日本交響楽団共催)
2015 (H27)   R.シュトラウス「ダナエの愛」(舞台上演日本初演)


◆受賞歴
       
1953(S28) 年度   毎日音楽賞 ヴェルディ「オテロ」
      第6回伊庭歌劇賞 ヴェルディ「オテロ」
1956(S31) 年度   毎日音楽賞 ブリテン「ピーター・グライムス」
1958(S33) 年度   毎日音楽賞 モーツァルト「フィガロの結婚」
1959(S34)   大阪府芸術祭賞 モーツァルト「コシ・ファン・トゥッテ」(大阪公演)
1967(S42) 年度   第9回毎日芸術賞 ワーグナー「パルジファル」
1969(S44)   芸術祭選奨文部大臣賞 ワーグナー「ラインの黄金」・J.シュトラウス「こうもり」・
                 モーツァルト「魔笛」
1974(S49) 年度   毎日芸術賞 グルック「オルフォイス」
1980(S55)   第10回モービル音楽賞(洋楽部門)日本におけるオペラの基盤確立
1995(H 7)   三菱信託音楽賞 プッチーニ三部作(「外套」「修道女アンジェリカ」「ジャンニ・スキッキ」)
2004(H16)   第16回ミュージック・ペンクラブ賞クラシック部門 日生劇場共催「ルル」
全3幕完成版日本初演
2005(H17)   三菱信託音楽賞 ヤナーチェク「イェヌーファ」
2006(H18) 年度   第61回文化庁芸術祭音楽部門大賞 モーツァルト「コジ・ファン・トゥッテ」
2012(H24) 年度   第67回文化庁芸術祭音楽部門大賞 A.ライマン「メデア」(日本初演)

↑ページの先頭へ